賃貸住宅について

アパート経営を始める前にはメリットおよびデメリットを十分把握する必要があります。
大きな投資と長年の経営になりますので、しっかりとした事業計画を立てましょう。
デメリットは言わばアパート経営における不安要素だと思います。
こうした不安要素もしっかりとは把握し、しっかりとした対策や計画を練ることで回避は可能です。
そして、そのためには長年経験を積んできた弊社だからこそできるご提案ができます。
まずはどんなことでも構いませんので、ご相談ください。

アパート経営のメリット

  • Merit of management 1

    資産形成としての不動産投資

    老後の安心や親族への財産として、資産を効率的に投資できます。また、必要に応じて投資方法の改善を行えば、より大きな資産の形成を見込めます。

  • Merit of management 2

    私的年金の代わりになる

    不動産価格に基づく家賃は、景気の変動にも影響を受けにくく安定した収入を期待できます。また、不動産価格に上昇があれば、家賃を見直すことでより大きな収入を得られます。

  • Merit of management 3

    融資利用で借入金を活用して、実際の自己資金以上の投資効果を引き出す

    これまでに融資利用歴がない場合、性別や婚姻状況に関わらず自己資金以上の借入が可能です。また、職種にも大きな制限がなく手軽に融資を受けられます。

  • Merit of management 4

    無担保の土地が残る

    全ての返済を完了した時点で、不動産は100%自身の財産となります。これは、無担保の財産として利用・売却・譲渡を自由に行うことができ、売却価格も自由に設定できます。

  • Merit of management 5

    節税対策になる

    アパート経営に必要なすべての経費は、各種保険の加入有無に関わらず個人の給与収入として損益を合算します。これにより、各種税金の節税対策ができます。

  • Merit of management 6

    生命保険の代わりになる

    団体信用生命保険に加入することで、融資利用者に万が一のことが起きた際でも保険会社がローン残高を返済します。

アパート経営のデメリット

  • Risk of management 1

    空室のリスクは?

    アパート情報の一般公開以降、入居者の決定には確実性がなく家賃収入が安定しない場合があります。また、入居者の都合による退出がある度に、募集に必要な経費が発生します。

  • Risk of management 2

    老朽化のリスクは?

    建物の老巧化が進むと新たな入居者の確保が難しくなり、既存の入居者からもメンテナンスの要望が増えていきます。経営者には、老巧化を防ぐための管理が求められます。

  • Risk of management 3

    金利の上昇

    予期せぬ金利の上昇により、返済計画に無理が生じる場合があります。収入と経費をよく確認し、事業計画にはある程度の余裕を持たせておくのが安心です。

  • Risk of management 4

    資産価値や売却価格下落

    不動産価格が下落すると利益が減少するほか、資産価値そのものが減少します。また、投資した当時の不動産価格を下回った場合は損失が発生します。

  • Risk of management 5

    災害のリスク

    予期せぬ自然災害により、大きな被害を被るリスクがあります。これを考慮して、災害を補償する保険会社を利用しておく必要があります。

  • Risk of management 6

    経営開始後の入居者とのトラブル

    騒音や廃棄物など、敷地内の環境によっては入居者とのトラブルが起こる可能性があります。トラブルが起こり得る要因は、事前に確認・排除しなければいけません。